実績

求人企業の皆様向け 会社案内

実績

内定実績動向

資本別 紹介実績

資本別 紹介実績
日本企業 62%
外資系企業 38%

業種別 紹介実績

業績別 紹介実績
機械・メカトロニクス 21%
IT・通信・インターネット 14%
消費財 12%
不動産・建築 12%
金融 7%
電気・電子・半導体 6%
環境・エネルギー 6%
流通・商社 5%
出版・マスコミ・広告 4%
医療・医療関係 4%
コンサルティング 2%
その他 7%

役職別 紹介実績

役職別 紹介実績
社長・役員 30%
執行役員・事業部長 20%
部長 20%
専門職 15%
課長 10%
リーダー 5%

年代別 紹介実績

年代別 紹介実績
40代 31%
30代 30%
50代 25%
60代 10%
20代 4%

成功事例のご紹介

東京エグゼクティブ・サーチの成功事例(サクセス・スタディ)をご紹介します。

業種:流通・商社

職 種
営業職(次期課長)
年 齢
30代後半 男性
コミット
繊維商社の百貨店担当チームのリーダーから、大手繊維商社のテキスタイルの次期責任者へ
  前 職 転職先
業 種 老舗繊維専門商社  老舗繊維専門商社
職 種 営業職  営業職(次期課長)

前職におけるまでの経験

 候補者は大手繊維商社で、百貨店向けブランドの営業として主にテキスタイル(生地)国内販売に従事。テキスタイルの販売を一手に手掛け高い評価を受ける。その効率的なルーティンを元に、彼を中心とした営業チームを構成し、若くてして現場の責任者を担う。

転職前の状況

 現状には大きな不満はなかった。ただ百貨店でのアパレルの売上は減少傾向にあり、候補者独力での収益拡大を望むのは困難な状況であった。またテキスタイル周辺の業務には、既に一定の満足感を得ていて、今後はODM(デザインや設計まで受託者側が行う生産形式)や、より消費者側に近い小売を手掛けてみたいという願望を密かに持っていた。

当社からのアプローチ

 クライアントは糸や素材、製品等繊維業界をほぼ網羅している老舗大手商社である。二極化と斜陽傾向の激しい繊維業界の中では、高利益率と規模の拡大に成功している数少ない企業であったが、総売上高はやや停滞し、課題の一つとしてテキスタイル部門の強化が考えられていた。 
 その強化案に適した人材を探すことは簡単ではない。労働市場で専門的なテキスタイルの知見を有する人材は少なく、加えて繊維素材や製品での商社経験まで求めると、適材は皆無に等しい。自社による人材募集や、人材仲介業者では成果を上げることができず、弊社に解決を託された。

 弊社はサーチファームであり、転職意欲を明確に示してしない人材にコンタクトして、クライアントへの登用を試みる、所謂ヘッドハンティングという手法に長じている。
 この手法は労働市場に流れることのない、エグゼグティブクラスの人材や専門性の高い人材の獲得には、特に大きな効力を期待できる。
 ただヘッドハンティングには、より周到で慎重な事前準備が求められる。最適な人材選定のために業界及び人材のリサーチを続け、詳細なターゲットリストを策定。そして幾人かの適材候補に直接コンタクトを試みて、好感触を得ることができたのがこの候補者であった。

 当初、候補者は転職意欲がほぼなく、サーチに至るのはとても困難に思えた。それでも会話の端々から、繊維業界での長い経験による自負が垣間見えた。築いてきた大きな戦果があれば、将来に対しての思い入れも比例して大きくなる。
「その経験やスキルにふさわしい舞台が、現職にあるだろうか」という問い掛けを境に、候補者は転職という選択肢に向き合う。そしてクライアントの部門強化に、候補者が必要かつ最適であるという論理的説得を丹念に重ねると、次第にクライアントへの転職を前向きに考えるようになった。

 程なく設けられた面談の場では、候補者の願望である小売やODMの提案にクライアントも強く賛同し、転職を促すのに十分な好条件での待遇や職位を伴うオファーが提示された。
現在候補者はテキスタイル分野に精通したキープレイヤーとして、クライアントの次の攻勢に貢献しようとしている。

業種:電気・電子・半導体

職 種
航空技術営業部
年 齢
50代 男性 および 40代 男性
コミット
大手航空関連企業からの複数サーチによる航空機器企業の技術営業部門の再強化
  前 職 転職先
業 種 輸送機器企業 および 航空部材企業  航空機器企業
職 種 工場計画部部長 および 営業監督職係長  技術営業部門 部長職 および 課長職

前職におけるまでの経験

●一人目の候補者

 候補者は航空装備品の大手企業で、新卒から30年キャリアを重ねる。キャリア初期は研究開発を担当し、その後製造計画立案にも携わり欧州工場の所長も経験。帰国後、各地の工場も統括する技術営業職の部長として、海外からも表彰されるなど功績は高く認められた。

●二人目の候補者

 候補者は輸送機器の大手企業に入社し、設計開発部門からキャリアをスタート。チーフデザイナーとして油圧装備品の開発に責任者として携わる。その後は技術畑での経験を元に、営業部で新規開発案件開拓を担当し顧客企業倍増を達成、若くして営業企画監督職を務めた。

転職前の状況

●一人目の候補者

 欧州や米国工場を所管する部長職であるため、勤務が長時間かつ不規則な状態が長く続いていた。自身は心身共に健康ではあったが、介護支援が必要となりつつあった親族への対応に悩み、私生活との両立ができる企業への転職ニーズが生まれていた。

●二人目の候補者

 社内環境は恵まれていたが、製造計画等まで一貫して携わることは、大企業の細分化された部門構成では難しかった。また海外赴任を望んでいたが、営業企画部の監督職を務めている立場ではその機会を望むのは難しく、転職という選択肢を前向きに考えるようになっていた。

当社からのアプローチ

 クライアントは国際的知名度も高い、数多くのトップシェアを持つ航空機器企業である。特に商品の品質、開発技術には定評があり、航空宇宙産業の品質保証規格も取得し、一層の商品開発力の強化に取り組んでいた。しかし海外顧客も含む受注業務を担当し、技術サポートまで一貫してマネージメントする、航空技術営業部の責任者の不在が続いていた。このため近年は新規チャネル開拓に難航し、新規商品企画にも悪影響が及び始め、弊社にその解決を託された。

 当初、クライアントの理想とする人材と、労働市場の現実には乖離が激しかった。同分野での研究開発や製造計画実績があり、海外を含む技術営業にも経験を持ち、今後数十年先まで任せることのできる人材となると皆無に等しく、相当の困難が予想された。
 しかし、クライアントが本当に求めているものは、人材そのものではなく、人材によって同部門を再構築することである。その原点から検討を重ね、全てを兼ね揃えた一人ではなく、補い合う二人の責任者を求めるのが現実的な最適解だと考えた。求める経験を積んだ熟練の責任者(部長相当職)と、その責任者と協力し、今後数十年先を任せることのできる、次世代の責任者(課長相当職)。このような二人の人材による航空技術営業部の再強化案をクライアントに提案し、快く賛同を得ることができた。

 二人という選択肢に切り替え、現実的な人物像が定まると、前述した二名の候補者との出会いに時間はかからず、両名とも一度の面接で好条件でのオファーが提示された。
 現在、部長職相当で入社した候補者は、クライアント商材のワールドワイドでのチャネル開発と部門のマネージメントに取り組み、課長職相当の候補者は希望だった海外経験を積みながら、次世代の役員候補として研鑽を重ねている。

業種:流通・商社

職 種
店舗開発
年 齢
40代前半 男性
コミット
コンビニエンス大手企業の店舗開発職から、外食大手企業の店舗開発職の責任者
  前 職 転職先
業 種 小売  外食
職 種 小売店舗開発職  外食店舗開発課長職

前職におけるまでの経験

 候補者は15年間、コンビニエンス業界で複数の企業に従事し、00年代の膨張する同業界での出店競争を通じ、店舗開発、店舗管理の現場のキャリアを積む。
 特にキャリア前半の首都圏における新規店舗開発では高い成果を挙げ、その後は関西エリアを中心にマーケティングや立地市場調査、賃貸契約交渉等の新規店舗開発に総合的に携わり、FC契約も含め70件以上の新規出店の経験を重ねた。

転職前の状況

 前職企業は激化する競合他社との競争に劣勢を強いられて、業界の主導権争いからは撤退。候補者は地方担当に配置換えとなる。地方での担当業務は、新規出店の機会は少なく、既存店管理に偏重することを余儀なくされた。私生活では家族共々、地方の生活に馴染みつつあったが、ビジネスとしての停滞を感じ始める。再びスピード感の伴う新規店舗開発に携わりたいという希望が、潜在的な転職ニーズを温めていた。

当社からのアプローチ

 クライアントは急成長を続ける外食チェーン業界の大手企業である。外食業界は90年代後半を境に漸減傾向を続け、その傾向は郊外や地方エリアで特に強い。
 都市中心部の小型店舗展開に注力した当クライアントは、数少ない外食業界での成長企業であったが、同時に店舗開発の人材は慢性的に不足していた。特に駅隣接エリアでの小型店舗開発の適任者探しは難航し、弊社にその解決を託された。

 確かに外食業界の店舗開発経験者は、郊外ロードサイドの大型店舗開発経験者は散見されたが、正反対の駅隣接エリアでの小型店舗開発となると、熟練者は皆無に等しかった。
 しかし、駅隣接エリアでの小型店舗開発は、コンビニエンス業界と類似点が多い。またクライアントの求める新規出店ペースの速さという点でも、膨張期のコンビニエンス業界の店舗開発経験者なら、問題なく即戦力と評価できると判断し、クライアントにも同意頂いた。そして弊社がこれまでコンタクトした方々の中で、コンビニエンス業界の店舗開発経験者にコンタクトを求め、優れた当候補者との出会いとなった。

 ただ候補者の家族は、その地方に既に根付きつつあり、単身赴任が予測される転職には様々な困難が予想された。弊社としても、クライアントとの条件面での折衝はもちろん、候補者の不安や懸念点を常に把握することを常に意識し、複数のコンサルタントによるチームプレイで双方のサポートに努め、機会を逃すことなく引き合わせの機会を得た。

 クライアントは候補者の築いてきた経験やスキルセット、キャラクタを高く評価。新規店舗開発を担当する責任あるポジションでのオファーが、一度の面接で提示された。
 現在当候補者は業界を変え、再び新規店舗開発を担当し、クライアント企業の次への成長へ貢献しようとしている。

業種:機械・メカトロニクス

職 種
次期カントリーマネージャー
年 齢
40代前半 男性
コミット
外資系大手二輪車企業のマーケティングマネージャーから、外資系大手リクリエーション車両企業の次期国内カントリーマネージャー
  前 職 転職先
業 種 外資系大手二輪車企業  外資大手リクリエーション車輌企業
職 種 マーケティングマネージャー  次期カントリーマネージャー

前職におけるまでの経験

 候補者は米大手自動車企業、国内大手自動車企業、独大手自動車企業と、自動車業界でマーケティングのキャリアを重ね、高い評価を受ける。自動車業界に一定の達成感を感じていた候補者は、米大手二輪車企業のマーケティングに職を転じる。

転職前の状況

入社した米大手二輪車企業は、自動車業界とは風土がかなり異なり、商品を売ることより、文化を売るという要素が濃い。正規ディーラーを教育訓練し、自社商品への見識を深めることが重要な販売戦略であった。
 そのチャネルに自社商材の持つ独自の文化を伝えるために、全国的な試乗イベントや同好のイベントの開催を提案するなど、候補者はブランディングの向上に取り組む。斬新で困難な試みではあったが、数年が経過し一定の効果を挙げ始めていた。しかし米本社の命により、候補者に海外赴任の転勤辞令が下る。

当社からのアプローチ

 クライアントはリクリエーション系車輌の世界的企業である。日本国内では冬季はスノーモービルを販売し、夏季には水上バイクを主に販売しているが、公道走行可の商材はなかった。新たに普通免許を持っている一般の人々にも販路を広げるため、公道を走る三輪オートバイの導入を決断する。それに伴い、国内販売戦略を立案する責任者の選任が、急務の課題として浮上した。その責任者には、次期日本国内の最高責任者としての期待もあり、その人選を弊社に託された。

 この案件はかなりの困難が、当初から想定された。これほどの重責の責任者は、一般的には同業他社からのサーチが適するが、三輪を扱う大手企業は、国内には不在と言ってよい。
 近い業界として四輪車の業界が想定されたが、代理店システムなどの文化が似ている二輪車業界に、人材探索の活路を求めた。蓄積した人材プールの中に幾人か適任者がいたが、その中で最適だと直感が走ったのが当候補者であった。

 ただ接触した時点では、彼の転職の意思は皆無であった。我々にとって幸運だったのは、それからほどなくして、海外赴任を告げられた候補者が、一転して転職に前向きになったことだった。クライアントに推薦し、彼が面談を進めると、ほどなくオファーが提示される。
 しかし四輪二輪、国内外資と幅広いキャリアを積んだ当候補者は希少な人材であり、ほぼ同時期に伊大手自動車企業からも、特別待遇での誘いがあった。
これに対抗するため、求める人物像、キャリア、職責をクライアントと再確認し、彼以上の人材は得ることができないとの結論をクライアントと共有し、それによってコンペティターを上回る待遇と、明確な想定役職が再提示され、当候補者の入社を導くことに成功した。

 当候補者は入社後即、世界戦略会議に日本代表として参加。本邦初導入の三輪車のマーケティングを担い、次期国内最高責任者として、クライアント内で存在感を高めている。

業種:出版・マスコミ・広告

職 種
WEBプロデューサー
年 齢
40代前半 男性
コミット
WEBマーケティング会社のコンサルタント(マネージャー)から老舗印刷会社のWEBプロデューサー職
  前 職 転職先
業 種 WEBマーケティング会社  老舗印刷会社
職 種 コンサルタント(マネージャー)  WEBプロデューサー職

前職におけるまでの経験

 候補者は14年間、WEB制作における上流から下流まで一貫して従事。立ち位置の異なる受託会社や、事業会社でもキャリアを積み、スペシャリストとしてスキルや経験と共に、プロデューサーとしても高い評価を受ける。
 直近の5年程はWEBマーケティング企業で、事業推進等の部門にも参画。あるコスメティック企業のIT化を担当し、WEB制作からSEO対策まで一貫施工し、反響獲得件数を前ベンダー比の3倍まで高め、現場の責任者としてディレクションを任されていた。

転職前の状況

 前職において、候補者の担当部門は顧客の高い評価を獲得し、収益性も十分に高い。しかし全社的な収益性は、業界の逆風の影響もあり、減少を続けていた。候補者の前期比増を続ける成果と、待遇の乖離は激しく、企画のための予算も限られ始め、展望にも期待は持てなかった。
 既に候補者は前職での成果に、一定の達成感があった。次のキャリアとして確固な財務地盤を持つ事業会社で、先端的なIT化を一手に受け持つ、プロデューサー職への転身を考えるようになっていた。

当社からのアプローチ

 クライアントは半世紀以上の歴史を持つ、地方印刷業界の老舗企業である。近年、印刷業界は収益の漸減傾向と同時に、大手による他分野への進出が進み、優勝劣敗が激しい。クライアント企業も、印刷業周辺のWEBビジネスへの進出を試みていたが、社内に適任者はなく、外注頼みで後手に回る傾向は否めなかった。今後、クライアントの主力としてWEBサービスを位置づけるために、力のあるWEBプロデューサーの選任が急務であり、人材プールを持つ弊社に解決を託された。

 確かにIT業界の人材は数も多く、流動性も高い。すぐに複数の優良候補者に一定の目処がついた。しかしこの案件には、転職回数の数や幅の広さを持つ候補者がより適任であると、コンサルタントの経験から考えた。
 一般的に転職回数の多さは、流動性の高いIT業界でも好まれるものではない。歴史ある印刷業界なら、尚更疎まれることは想像に容易い。それでもこの案件のWEBプロデューサーは、大企業への適応力、部門を立ち上げ一手に引き受ける経営的視線、その双方が必要不可欠だった。

 その視点をクライアントと共有し、幾つかの会社を横断した経験を条件に求め、当候補者との出会いになった。ただ特色のある当候補者が、WEBのサービスをどう社内で担うか、クライアントの不安が拭いきれていないという課題が残されていた。
 その点は率直に当候補者と何度も話し合い、摺り合わせに細心を期した。彼の意欲もありクライアントとの面談の際に、今後の印刷業界のWEBサービスを、具体的に提案して頂くことにした。

 当候補者は印刷とWEBとの新しい融合の形を、50ページ以上の資料と共に提案。クライアントの疑念は一度の面談で解消され、両者に利益のある待遇でのオファーが、すぐに提示された。
 現在、当候補者はWEBプロデューサーとして、新サービス立ち上げに注力。クライアントも印刷業と共に、WEB制作の看板を掲げ、新しいビジネスの開拓に向け舵を切りつつある。

業種:環境・エネルギー

職 種
セールス&マーケティングマネージャー
年 齢
40代前半 男性
コミット
外資系大手石油企業のセールス&マーケティングマネージャーから、外資系大手素材企業の主力商材を扱うセールス&マーケティングマネージャー
  前 職 転職先
業 種 外資系大手石油資源企業  外資系大手素材企業
職 種 セールス&マーケティングマネージャー  セールス&マーケティングマネージャー

前職におけるまでの経験

 オセアニアの大学を卒業後、化学素材企業で営業及びマーケティング職としてキャリアをスタート。専門用語も苦にしない語学力を元に、東南アジア市場を開拓し、同市場収益の三倍増を成し遂げ、チャネル開発力を高く評価された。その手腕を買われ転職、世界的な外資系大手石油資源企業のシニアアカウントマネージャーを務める。

転職前の状況

 石油資源企業では候補者の希望通り、主にマーケティングと営業を兼務し、日本での市場開拓を任された。しかし扱う商材分野は、資源会社の主力ではなく、将来性にも乏しい。待遇も前職と比較すると満足できるものではなく、成果によって改善を図ることも困難だと感じていた。できれば主力分野で、営業やマーケティングを一手に引き受ける業務に携わりたいと思い、転職を前向きに考えるようになる。

当社からのアプローチ

 クライアントは外資系大手素材企業であり、鉱産物採掘と精錬、精製を主な事業としていた。近年はある顔料のプラスチックやゴム等新規分野へのセールスを図っていたが、新規チャネル開発の責任者探しに苦慮していた。クライアントは製紙業界以外の分野にコネクションがない。またニッチな技術分野でもあるため、同業同職種が労働市場に流れることは稀である。採用の目処がつかず、長くお付き合いのあった弊社に、その解決を託された。

 確かにクライアントの取り扱う特定顔料に精通した、同業同職種の人材となると、流動性は乏しい。ただクライアントとのコンサルティングを重ねた結果、顔料に対する見識は入社後に身につけることも十分可能で、マーケティングやチャネル開発経験の優先順位がより高いと思われた。

 それらの職種経験に的を絞り、業界は外資系化学全般と広めに考えたほうが賢明だとコンサルタントとして判断。その方針にクライアントも快諾し、採用への条件を若干修正する。技術系を長く担当してきた経験から、それらの人材が滞留しがちなエリアには見当が付いた。程なく15人ほどの候補者と面談。優れた当候補者と出会うことになる。
 当クライアントは国内で2度の面接後、アジアで2回、欧州本国で最終面接と、採用へのハードルは高い。だが当候補者の優れたスキルや経験と共に、主力分野を一手に担いたいという気質が、クライアントに歓迎されるだろうという確信があった。

 候補者は問題なく5回の面接を短期でクリアし、正式なオファーを獲得。待遇も前々職と同等で合意と、両者に取って納得のできるものだった。現在は新設のセールス&マーケティングマネージャーとして、新規チャネルの開拓に邁進している。

業種:その他

職 種
税理士
年 齢
30代後半 男性
コミット
地方中核都市の税理士法人の社員税理士から相続税国内大手法人の次世代幹部候補へ
  前 職 転職先
業 種 税理士法人  税理士法人
職 種 社員税理士  マネージャー税理士

前職におけるまでの経験

 候補者は大学卒業後IT業界で経験を積むが、学生時代から抱いていた税理士へのキャリア転向を決意し退職、期間を区切り受験に専念する。ニ年という短期で主要科目に合格し、出身地である地方中核都市の大手税理士法人に就職。翌年全科目に合格し、正式に税理士としての道を歩み始める。候補者は高度な資産税専門家への思いを持ち、法人内では相続関連業務を担当し、短期で三割以上の収益増を実現。若くして社員税理士に登用され、大手専門学校で同分野の講師を務める。

転職前の状況

 地方中核都市の税理士として、待遇は恵まれている。また出身地でもある都市での住環境や、家族との生活にも満足している。しかし候補者の専門性を深めたいとい強い思いは、地方の中核都市の規模から考え限界に近づき、内心では閉塞感が芽吹き始め、潜在的な転職ニーズが存在するようになっていた。

当社からのアプローチ

 クライアントは相続税及び資産税業務の国内でも有数の大手法人である。
 相続という繊細な分野は、高度な税務専門知識だけではなく、微妙な人間関係やその温度感も察し、顧客と深い信頼関係を結ぶことができるという人格的な要求も、高い水準で求められる。また人口減等の社会構造の変化や、度重なる税制改正により、この専門分野の人材需要は年々増加し、優れた人材の確保が、急務で困難な課題となっていた。
 弊社は国内最古のサーチファームとして、クライアントとは幾人もの人材を通し、築いた長い協力関係があり、今回の困難な課題解決を託された。

 確かにクライアント法人の当該エリアでも、業界の流動性は低く人材確保の競争は激しい。獲得までには難しい長期戦が想定された。しかし士業を担当してきた私の長いコンサルタント経験から、今回の案件は法人税業務等とは異なり、地方都市にも水準を超える人材がいるのではないかと推測。その方向性にも視野を広げ、人材の発掘、深耕を進め、優れた当候補者との出会いとなった。

 ただ地方が居住地である候補者と、クライアント法人には物理的な距離があるため、お引き合わせには慎重を期した。事前に候補者と面談を重ね、17項目に渡る評価シートを作成し、専門性や人格面だけでなく、転居を伴う転職への抵抗感、希望条件の摺り合わせなど、双方の懸念を解消。無事の引き合わせを実現し、短期間で正式なオファーを頂くことができた。
 候補者は現在、クライアント法人内で高評価を獲得。法人後継者の優れた協力者として、クライアントの更なる発展に貢献している。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
ゲームプランナー
年 齢
20代
コミット
中小ゲーム企業ゲームプランナーから大手ゲーム企業ゲームプランナーへ
  前 職 転職先
業 種 中小ゲーム企業  大手ゲーム企業
職 種 ゲームプランナー  ゲームプランナー

前職におけるまでの経験

大学卒業後、前職の中小ゲーム企業に入社。プロジェクトマネージャーとして開発チームの管理等に従事した後、自ら希望を出し、ゲームプランナーへ。同社中核タイトルのゲームプランナーとして活躍後、新規タイトルの企画や設計等を担当していた。

転職前の状況

携わっていた新規プロジェクトが急遽開発途中で休止したことで、同社で開発することに対する限界と虚無感を味わい、ご自身の働き方を見つめなおそうとしていた。

当社からのアプローチ

海外でも認知度が高い、ゲーム業界を牽引して来たクライアントの大手ゲーム企業。
ゲームという閉鎖的な業界の中で、同社クラスの企業が人材を探していることが公になると、様々な弊害が予想されたため、水面下でのサーチが求められた。
秘密裏に事を運ぶため、ターゲット層も有名なゲームタイトルに携わったことのある限られた人材に絞られた。
一つの企業に複数名のターゲットが重なることもあり、時間をかけた慎重なアプローチを実施。
数週間前にアプローチをしたA氏より返信があり、ご面談を実施。当初ヘッドハンティングに対して疑心暗鬼だったが、当該案件の詳細を説明し、話を進めていく中で、弊社活動内容にも理解を示していただけた。元々同社ゲームのファンだったこともあり、オファーを快諾。
初めてのご転職だったが、ご本人の素直さ、やる気等お人柄が周囲にも認められ、新しい環境にも早く馴染み、活躍されている。

業種:電気・電子・半導体

職 種
経営企画
年 齢
30代後半 男性
コミット
外資系戦略コンサルティングファームのコンサルタントから日系大手電気機器メーカーの経営企画職
  前 職 転職先
業 種 外資系戦略コンサルティングファーム  日系大手電気機器メーカー
職 種 アソシエイト  経営企画職

前職におけるまでの経験

A氏は大学院卒業後、日系大手自動車メーカーに入社。約8年間、主にブレーキの設計に従事。その後外資系戦略コンサルティング会社にて約5年間、製造業を中心とする様々なグローバル企業の中期事業計画や新規事業参入戦略、成長戦略策定等のプロジェクトに複数参画。

転職前の状況

コンサルタントとして様々な経営課題に携わってきた経験を、将来的に事業会社(特に出自の製造業)の経営に近い立場で活かしていきたいと機会をうかがっていた。

当社からのアプローチ

自動車電装機器及び民生・業務機器向けの製品に於いて(小型モーターメーカー)で世界トップシェアの同社。更なる発展に於いて、「経営戦略策定・目標管理」「意思決定のモニタリング・論点整理・進捗確認」「 グローバル化に伴う拠点政策・機能配置の企画立案」等の様々な経営課題を解決できる優秀な経営企画人財の採用が急務であった。
私自身、過去に同等ポジションのサーチ実績があった為、複数名の人財プールの中から「クライアントの社風、求める人物像、その環境下で描けるキャリア」と「候補者サイドの志向性、キャラクター、キャリアプラン」等を総合的に鑑み、A氏1名に絞ってお引合せを実施。
相思相愛であったことに加え、同社の幹部社員の中にA氏の前職OBが在籍していたことも相まって良いご縁を提供することができた。

業種:消費財

職 種
営業管理職
年 齢
40代半ば男性
コミット
中堅香料メーカーより大手食品添加剤メーカーへ
  前 職 転職先
業 種 中堅香料メーカー  大手食品添加剤メーカー
職 種 営業部員  営業管理職候補

前職におけるまでの経験

転職経験無く、新卒で入社以来大阪にて、16年食品香料関係の営業職

転職前の状況

16年営業を担当し、社内でも上位クラスの実績を上げていたにも拘らず年収が500万円前後で頭打ちで、教育や住宅の為の年収アップが転職の目的であった。

当社からのアプローチ

香料の営業には化学的知識とそれに裏打ちされた実務経験が必要で育てるには時間がかかる。弊社顧客の大手食品添加物メーカーが香料部門強化の為管理職に近い営業マンを求めていたことより両者にとり非常に良い条件にて合意形成ができた。

業種:医薬・医療関係

職 種
クリニカル・プロジェクト・マネージャー(CPM)(部長級)
年 齢
40代前半 男性
コミット
大手外資系製薬メーカーのクリニカル・プロジェクト・マネージャーから大手外資系製薬メーカーのクリニカル・プロジェクト・マネージャーへ
  前 職 転職先
業 種 製薬メーカー  製薬メーカー
職 種 クリニカル・プロジェクト・マネージャー(部長級)  クリニカル・プロジェクト・マネージャー(部長級)

前職におけるまでの経験

新卒として入社した大手日系メーカー(現在は外資系)では診断薬の研究開発からマーケティングを一通り経験。
癌領域の薬品の研究開発や事業計画にに更に携わる為に前職に転職。

転職前の状況

前職では社長直下の部門に所属し、担当領域の縮小傾向を感じていた。また、当時プロジェクト・リーダーとして関わっていたプロジェクトの中断も感じ、やむを得ず今後の事を考え始めた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
弊社のクライアントは、業界内では癌領域の製薬メーカーとして有名だったが、課長レベルくらいの癌領域のクリニカル・プロジェクト・マネージャーを探していた。

当社からのアプローチ:
お声掛けして数週間後に前職の癌領域の部門が他社に移管される事が発表され、担当していたプロジェクトも中断になりつつあった。弊社のクライアントは、気になっていた企業であったが、課長レベルの方を探していたのを承知で推薦した。
至急お会いしたいとの連絡を頂戴し、ご本人と引き合わせたところ、弊社のクライアントの癌領域のプロジェクト部門長がA氏の事を知っていて、部長待遇でぜひお越し頂きたいとの事で、オファーの提示を受けた。
年収に関しては、特別の本国から承認を得て、現職と同等レベルでの年収を維持する事ができ、ご本人は快諾。
弊社のクライアントは、いくつか新薬の発表も今後見込まれ、A氏はその中でも癌領域で活躍している。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
WEBエンジニア
年 齢
20代半ば 男性
コミット
ITベンチャー企業のモバイルエンジニアから大手IT企業のWEBエンジニアへ
  前 職 転職先
業 種 ITベンチャー  IT企業
職 種 ソフトウェアエンジニア  ソフトウェアエンジニア

前職におけるまでの経験

海外の名門大学でコンピューター・サイエンスを学び、ITベンチャー3社でエンジニアとして、主にモバイルアプリケーション(ios/Andoroid)開発に従事されていた。

転職前の状況

優秀なエンジニアとして、在籍企業からも高い評価を得ていたA氏だが、独学が技術力アップの唯一の手段っだったこと、又、パフォーマンスに対しての評価が低かったことから、在籍企業の今後のキャリアに疑問符を感じていた。

当社からのアプローチ

国内外問わず、エンジニアの採用に力を入れていた同社だったが、同領域においては売り手市場故に採用に苦戦をしいられ、弊社へのご依頼の運びとなった。

WEB領域における即戦力人材は国内に少なかった為、同社と協議の上、世界TOP50の大学出身者(computer scienceの学位取得者 )のポテンシャル人材を軸に国内のサーチを実施。

弊社の人脈網からA氏の存在を特定し、コンタクトを図った。

A氏とお会いした際、まだ若く同領域においての開発経験は皆無に等しかったが、アルゴリズムの基本的理解並びに、素地の良さから、同社において活躍ができることを確信し、お引き合わせを行った。

同社の評価は非常に高く、即オファーに繋がったものの、同時期に他社(日系IT企業)からも熱烈なオファーを頂戴していたA氏。条件面含め、甲乙つけがたい状況ではあったが、同社の熱意とグローバルで活躍できる環境から、オファーを受託。
現在は海外のトップ・エンジニアとも話す機会にも恵まれ、充実した毎日を送っている。

業種:流通・商社

職 種
営業管理職
年 齢
30代後半 男性
コミット
日本の中堅食品商社より大手総合商社系食品原料専門商社へ
  前 職 転職先
業 種 日本の中堅食品商社  大手総合商社系食品原料専門商社
職 種 営業部員  営業管理職候補

前職におけるまでの経験

水産関係の食品商材の開発・営業を担当、海外駐在経験もあり。

転職前の状況

海外駐在より帰任後は管理部門に配置された為、営業部門への復帰を希望していたが実現できていなかった。

当社からのアプローチ

歴史の浅い日本の中堅食品商社では、自身のキャリアゴールを見据えた将来的な展望を描くことが難しく、より大きなスケールでの仕事と安定的な収入を求めていた為、大手総合商社系専門商社での条件と程よく合致した。

業種:消費財

職 種
新規事業担当部長
年 齢
40代後半 男性
コミット
超大手日系グローバル食品会社の国際事業部課長から某地方を代表する老舗総合食品会社の新規事業担当部長へ
  前 職 転職先
業 種 一部上場 食品会社  オーナー企業 食品会社
職 種 海外展開プロジェクト推進のためのアジア工場立上げ責任者  新規事業プロジェクト担当部長

前職におけるまでの経験

誰もが知っている日本のナショナルブランドである前職会社。
ここに新卒として入社、将来の幹部として期待され、国内営業、マーケティング、商品開発など、食品会社の主要部門を経験し、満を持して海外担当に。
次の50年を見すえたグローバルブランドへ向けた経営計画で一番注目されていた海外新工場立上げプロジェクトメンバーに抜擢された。
事業計画策定段階から参画、さらに現地に赴任し立上げを成功させた。

転職前の状況

新工場の立上げの成功が見えてきた頃から、調味料・飲料だけではなく、新しい領域で力を発揮したいと思うようにはなったが、積極的な転職活動はしていなかった。
中長期的な観点で以前から情報交換などをしていたヘッドハンターから、自分が理想としていた会社を紹介されたことにより転職について現実的に考えるようになった。

当社からのアプローチ

クライアントは某地方の食品会社の雄。創業120年の老舗で、経営賞などを受賞しているオーナー社長のリーダーシップで急成長中。質の高い高級ブランド商品で日本全国でも知名度が急上昇している。
弊社は、このクライアントに対しては継続的な人材紹介サポートをさせていただいているため、具体的な要件を提示されてサーチするのではなく、クライアントの今後の事業展開に合い、会社と候補者との相性なども見極めて、これは!という人材をご紹介していた。
そのため、常に複数の優秀な候補者といつでも連絡が取れる状況になっていた。

その中で、今回は、クライアントが海外や新規事業展開へ向けて注力する方向と伺い、以前から情報交換している方の現状とクライアントの状況が一致したと判断しご紹介。
弊社が双方を良く知っていることから、マッチ度合が高く、スムーズにご縁を作ることができた。

海外赴任中だったが、入社前の会社見学などをセッティングすることにより、初めての転職だったが新しい環境にも早く馴染むことができている。
今は全国視察で飛び回り、新規事業戦略立案に向けて思う存分力を発揮している。

業種:環境・エネルギー

職 種
技術幹部職
年 齢
40代前半 男性
コミット
日本の中堅化学メーカー技術部員より外資グローバル企業技術幹部へ
  前 職 転職先
業 種 日本の中堅充填剤メーカー  外資大手原料メーカー
職 種 技術部員  技術幹部職

前職におけるまでの経験

化粧品・医薬原料の製造の為に使用する精製装置用充填剤の開発

転職前の状況

Ph.Dを持ち高度な知識と経験を持っていながらそのスキルを十分使用できない環境に置かれていた。

当社からのアプローチ

自社製品のさらなる高度化を図る為、工場で使用してる精製装置についての深い知識を持つ技術者が必要であった。業界としては非常にニッチ分野であることより弊社リサーチ作業にて関係メーカー群をターゲットし、関連技術者をリストアップ。
その上で一人一人コンタクトし最適人材を発掘した。

業種:消費財

職 種
マーケティング部 マネージャー
年 齢
30歳前半男性
コミット
外資系化粧品会社から中堅アパレル小売会社へ
  前 職 転職先
業 種 外資系化粧品会社  中堅アパレル小売会社
職 種 調査部・マーケティング  マーケティング マネージャー

前職におけるまでの経験

大学卒業後、大手日系化粧品会社に入社し、調査部に所属。その後、外資系化粧品会社に転職し、マーケティング部に所属。市場調査を主としたマーケティング業務に従事する。

転職前の状況

市場調査を主としたマーケティングを習得しながら、化粧品とは異なる商材で、これまでの経験を活かしたいと考えていた。

当社からのアプローチ

アパレル小売業界に於いて、顧客に支持されるブランドを複数保有する同社。
昨今、商品の同質化が著しい中、同社では、従来の手法とは異なった、全く新しいアプローチでのマーケティング手法を取り入れるべく、他業界からの、マーケティング人材の採用を検討していた。
同社では、様々な候補者と面談を重ねるも、適任と判断できる人材が見つからない状況が続いており、社内協議の結果、サーチ手法による採用を決断し、当社へのご依頼の運びとなった。
当社では、職務概要に不明瞭な箇所が見受けられたことから、同社事業部門の責任者を交え、適切な職務概要を策定。綿密な打ち合わせの結果、日系企業から外資企業まで、アパレル小売会社を除いた幅広い企業群から人物を特定、精査し、リストアップ。アプローチを進める中で、日系企業、外資系企業の就業経験を有し、双方のマーケティング手法を習得した候補者とお会いする機会があり、併せてご本人の意向も、他商材に於けるマーケティング手法に高い関心を持っていたことから、クライアントにお引き合わせしたところ、良縁となった。

業種:流通・商社

職 種
コンタクトセンター長
年 齢
50代半ば
コミット
日系通販会社から大手外資系流通・小売会社へ
  前 職 転職先
業 種 日系小売会社  大手外資系小売会社
職 種 取締役事業部長  コンタクトセンター長

前職におけるまでの経験

大学卒業後、ほぼ一貫して日系小売会社にてキャリアを構築。
キャリアの構成としては、商品企画・サービス企画等16年、コールセンターの業務を12年(内統括8年)。
グループ会社の取締役事業部長に7段階昇格されるなど、会社の中心的存在であったA氏。
就任以降、10年間に渡り、経営と大規模コンタクトセンターのインバウンド業務の管掌に従事されていた。

転職前の状況

ポジション、仕事内容含め、現職の満足度は非常に高く、転職意思は皆無の状況であった。

当社からのアプローチ

小売業界において、世界最大規模を誇る同社。
国内に法人を設立してから数十年、堅調に売上は推移していたが、今後の5年後
10年後の事業拡大を見据えた際に、各部門の組織強化が必要不可欠であった。とりわけ、基盤部門であるコンタクトセンターにおいては、国内設立後、人員の配置転換等を実施してこなかったが故に、陳腐化した組織となっており、一つの経営課題に発展していた。
同社としてはグローバルで協議の上、同部門のリプレイスを決断。弊社へのご依頼の運びとなった。

非常に専門的な領域かつ、労働市場に現れない人材故に難易度の高いサーチであったが、業界専門紙及び、業界団体・セミナー等から人物を特定し、30名をリストアップ。
弊社コンタクトの中から3名の人材と面談し、最もカルチャーフィットのあるA氏にターゲットを絞り、アプローチを実施した。
当社転職意思がなかったA氏だが、同社の熱意及び、グローバルかつキャリアの集大成として現職よりもチャレンジできる環境であったことから、オファーを快諾。遠方から都内に転居し、現在も同センターの責任者として、活躍されている

業種:コンサルティング

職 種
経営コンサルタント
年 齢
30歳前半
コミット
中堅日系コンサルティング・ファームの経営コンサルタントから日系ベンチャーのコンサルティング・ファームの経営コンサルタントへ
  前 職 転職先
業 種 コンサルティング・ファーム  コンサルティング・ファーム
職 種 経営コンサルタント  経営コンサルタント

前職におけるまでの経験

新卒として入社した中堅日系コンサルティング・ファームの経営コンサルタントとして、若手でありながら多くのプロジェクトのリーダーとして活躍中。業界は様々だったが、コンシューマー業界、小売業界のプロジェクトが多かった。

転職前の状況

30歳という年齢で、現職ではかなり多くのプロジェクトに携わり、将来の幹部候補として見られていた。
経営戦略を立てて終わりというコンサルティング・スタイルではなく、クライアントと一緒になり、インプリメンテーションまで実行するスタイルだったので、本人は今後はもう少しビジネスに深く入り込めるコンサルティング・ファーム、もしくは事業会社でのキャリアを考えていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
弊社のクライアントは、一世を風靡したベンチャー・コンサルティング・ファームで、カリスマ的なオーナーが若いコンサルタントを率いている。若手で、コンサル経験があり、ビジネスに深く入り込んで改革ができる方を探していた。

当社からのアプローチ:
弊社のクライアントは、高学歴の頭脳集団として知られ、若い経営コンサルタントが多いのに多くのプロジェクトが舞い込み、確実に実績を残している。
そのようなベンチャーに合いそうなコンサルタンティング・ファーム、類似する仕事の仕方を考えていた際にA氏と出会った。
弊社のクライアントに引き合わせたところ、非常に気に入ってくれた。面接もとんとん拍子に進み、現職の年収よりも大幅にアップしての条件が提示された。
A氏もオーソドックスなコンサルティング・ファームではないところを気に入り、快諾。
現在は、プロジェクト・リーダーとして活躍中。やればやった分の見返りがあり、大変な事も多々あるけれど、色々考え、楽しんでいるとの事。いつかは、弊社のクライアントの出資先企業での経営幹部になれるチャンスも伺っている。

業種:環境・エネルギー

職 種
技術営業
年 齢
50代半ば 男性
コミット
日本の大手メーカー技術幹部より外資グローバル企業技術営業幹部へ
  前 職 転職先
業 種 日本の窯業最大手の1社  外資大手鉱産物製造業
職 種 技術幹部  技術営業

前職におけるまでの経験

大手の住宅設備機器メーカー(窯業主体)での技術幹部。
マーケティングから始まり、製品開発・部品調達・物流・製造まで技術部門についてはほぼすべての職務を経験、海外駐在も先進国・発展途上国併せ10年近く経験。

転職前の状況

転職の経験はなかったが、50才となったのを機に新しい職務を探し始めていた経緯より弊社とは3~4年にわたり情報交換を続けていた。

当社からのアプローチ

窯業製品の原料では世界トップクラスのグローバルメーカーが技術のわかるセールス責任者を日本に常駐させ、日本及び近隣諸国の市場可能性を検討したいとの依頼を受け、紹介した。
欧州本社幹部との面接を経て非常にスムーズに決定した。

業種:金融

職 種
施設管理者 【障害者雇用ソリューション】
年 齢
30代後半 男性
コミット
施設管理会社から外資系企業の施設管理者へ
  前 職 転職先
業 種 その他  金融
職 種 総務  施設管理者

前職におけるまでの経験

施設管理会社でビル設備メンテナンス、テナントの入居・現状回復工事、レイアウト工事を担当。転職前は総務で勤務。

転職前の状況

疾患により身体障害者手帳を取得され、直近では異動により現場から離れておられた。体調が落ち着いたところで、経験を活かしてこれまでのように活躍したいと転職を考えられていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ
障害者雇用促進の必要性を認識し、常時採用活動を行っているものの、職域開拓が悩みの種であった。一般求人で募集をかけようとした専門職の経験のある候補者がいることを伝えたところ、ぜひとも紹介して欲しいとご依頼いただいた。
一般就労経験しかない方なので、「障害者雇用」には抵抗をお持ちであったが、結果的に職務内容、年収共に大満足の転職となった。
クライアントが募集をかけようとした求人の条件を満たす人材を早急にご紹介することができ、双方のニーズを満たすベストマッチングとなった。

業種:電気・電子・半導体

職 種
執行役員副事業部長
年 齢
50代前半 男性
コミット
大手総合電機メーカーマーケティング部長から大手総合電機メーカー執行役員へ
  前 職 転職先
業 種 大手総合電気メーカー  大手総合電気メーカー
職 種 戦略マーケティング部部長  執行役員

前職におけるまでの経験

A氏は大学卒業後、プロパーとして入社した大手総合電機メーカーで一貫してセールス&マーケティング畑を歩む。 高い語学力にも恵まれた同氏は海外駐在の経験も豊富に積むことが出来た。 コンシューマー向けインクジェットプリンターのスペシャリストとして前職の社内でも一目置かれる存在として活躍。数十名規模のマネジメント経験も有し、部長ポジションまで昇進していた。

転職前の状況

大企業ゆえのポリティクス渦や社内主流派との絡みもあり、部長昇進後のキャリアにやや閉塞感を感じていた。 とは言え、安定したポジションと年収を得ており必ずしも転職を急がなければならない状況では無かったが、環境を変え、キャリアの集大成として経営に近いポジションでの活躍も嘱望しており潜在的な転職ニーズがあったともいえる。

当社からのアプローチ

今回のディールの当社クライアントも大手企業であり、競合からのハンティングとなる今回のケースでは慎重なサーチを進めた。 クライアントのコンペティターを中心に20名程度をリストアップ。 接触を開始していくも業績不振に喘ぐ、今回のクライアント企業の情報は業界内でも筒抜けとなっており、なかなか興味を示してくれる候補者が現れない。 しかしながら粘り強いコンタクトが実ったのか数名の候補者がクライアント企業との交渉のテーブルに着くことを受諾してくれた。 当社もプロジェクト・デザインを工夫し、クライアント企業の経営陣総出での「口説き」を演出する。 過去のキャリア・ターゲットスキルで抜きん出ていたA氏に1次面談終了後に、候補者が事実上1本化される。 1本化された状況から、A氏の望むコンペンセーションやポジションの用意もタフなネゴシエーションがあったものの1つずつクリアしていき、プロジェクト開始から2か月というスピーディな展開でA氏へのオファーが正式に発行。 退職手続などを慎重に進め、無事にジョインする。 役員待遇での入社となり、業界内でも此度の人事異動は注目を集めた。

業種:医薬・医療関係

職 種
薬事
年 齢
30代後半 女性
コミット
外資系医療機器メーカーの薬事から外資系医療機器メーカーの薬事へ
  前 職 転職先
業 種 医療機器メーカー  医療機器メーカー
職 種 薬事  薬事

前職におけるまでの経験

新卒として入社した外資系医療機器メーカーでは品質管理部門で親会社から日本市場向けに輸出された医療機器の試験に当たっていた。
薬事業務に携わりたくて薬事部門の立上げに携われるという事で、クラスⅠ、クラスⅡの製品を扱っている企業に転職。
クラスⅢの薬事業務に携わりたくて前職の外資系医療機器メーカーに転職。

転職前の状況

40歳前になり、クラスⅣの医療機器の薬事業務に携わりたく、転職を考え始めた。現職に何も不満はなかったが、取り扱っている製品だとクラスⅣの経験が積めない事で悩んでいた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
弊社のクライアントは、業界内では知られている外資系の老舗医療機器メーカー。採用の一つの条件は、経験や実績はさる事ながら、人格も重視する傾向があった。クラスⅢ及びクラスⅣの医療機器を扱っていて、即戦力になり、且つ在籍している若手に指導ができる方を探していた。

当社からのアプローチ:
スカウトした際にはクラスⅣの経験がない事が判明したが、ご本人のクラスⅣに対する熱意及びお人柄を考慮し、推薦。
弊社のクライアントは、クラスⅣの薬事申請の経験がないと気にしながら、念の為会う事を承諾。ご本人のお人柄に触れ、非常に気に入り、オファーを提示。
現職の年収と差がある事で、ご本人にはクラスⅣの薬事を募集している企業にも当たってほしいとの依頼を受け、数社当たったところ、どの企業も未経験者は応募すら受け付けないと言われた。
弊社のクライアントがポテンシャルを見てくれた珍しい企業でもあり、薬事部門のマネジメントのお人柄も気に入っていたので、最終的には快諾。
現在は、クラスⅣの薬事の経験も積み、後輩の指導にも当たっているとの事。

業種:機械・メカトロニクス

職 種
海外営業
年 齢
20代後半
コミット
自動車パワートレイン開発会社の技術営業職から、世界的に高い評価を受ける日系機械装置メーカーの海外営業職へ
  前 職 転職先
業 種 自動車パワートレイン開発会社  機械装置メーカー
職 種 技術営業  海外営業

前職におけるまでの経験

電気、電子工学を専攻後、半導体及び自動車部品開発会社にて技術営業を経験。

転職前の状況

半導体関連装置の技術営業職で活躍されていたが、事情によりUターン転職。時を経て状況も変わったところで、ご自身の力を広く海外で発揮できる場を探されていた。

当社からのアプローチ

クライアントは、世界的にも類を見ない技術力を有する優良企業。世界各国の名門研究機関から問い合わせや注文がひっきりなしに舞い込むなかで、技術に対する確かな理解と語学力を備え、市場を開拓するエネルギーあふれた若手技術営業担当者の獲得が急務であった。
非常に専門的な領域であったが、業界情報を基に必要とされるスキル・経験を特定して調査を進めた。クライアントのご要望にまさに合致するご経験とお人柄ということで推薦すると、評価も非常に高く、是非来て欲しいということになった。数社からのオファーを受けていた候補者は、大変に迷われておられたが、当初から面談や電話でのきめ細かいご支援を心がけ、転職にあたって考慮すべき大切な点をご助言するなど、抱える疑問や不安に丁寧にお応えすることで、その不安も晴れ、クライアントの内定を受諾された。

業種:コンサルティング

職 種
経営コンサルタント
年 齢
30代後半 男性
コミット
大手コンビニのエリア・スーパーバイザーから大手日系メーカーの系列コンサルティング・ファームの経営コンサルタントへ
  前 職 転職先
業 種 小売  コンサルティング・ファーム
職 種 エリア・スーパーバイザー  経営コンサルタント

前職におけるまでの経験

新卒として入社した大手コンビニの店長からスーパーバイザー、そしてエリア・スーパーバイザーを国内の数カ所で経験。

転職前の状況

社内での更なる昇進が困難で、キャリアを模索し始めていたが、同じような状況であろう別のコンビニでのエリア・スーパーバイザーを目指すか迷っていた。
キャリア的には、横にスライドするような転職はかなり困難な業界で、年収アップもあまり期待ができないと感じていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
弊社のクライアントは、親会社のメーカーの系列の販売会社(フランチャイズのオーナー含む)に対し、経営コンサルティングのサービスを提供している。経営コンサルタントを増やすに当たり、コンサルティング業界のコンサルタントが手薄で、業界内での転職を希望する人が比較的少ないと分かっていたが、どの業界、職種からどのような方が採用できそうかの相談がしたいとの事でお越し頂いた。

当社からのアプローチ:
弊社のクライアントの経営コンサルタントが、どのような方たちに対してコンサルティングを行っているかを聞いたところ、フランチャイズ・オーナーである社長が多いと伺い、類似する業態を考えたところ、小売業界の中でもコンビニ業界が浮上した。
そこで、コンビニをいくつか候補として考え、様々な方に会った結果、経営コンサルタントのマインド及び心構えを持ち、キャリア的にコンサルタントを前向きに考えたい気持ちがあり、しかもフランチャイズ・オーナーと一緒に改革が進められそうなA氏を推薦。
弊社のクライアントはA氏を非常に気に入って下さり、コンサルタントの経験はなかったが、ポテンシャルを見てオファーを提示。
A氏は、ちょうど地方から地元に家族全員で戻れるという事で条件も合い、快諾。
現在は、コンサルタントとして立派に育ち、元気に全国を飛び回っているとの事。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
データマネジメント 部長級
年 齢
40代半ば 男性
コミット
医療/医薬業界におけるスペシャリストから大手SIer特殊部門の部門長へ
  前 職 転職先
業 種 医療法人  SIer
職 種 最高研究責任者  データマネジメント部 部長級

前職におけるまでの経験

それまでの事業会社、大手製薬企業、医療研究機関等のご経験を元に、前職は医療法人にて周産期医療を中心とした研究業務、関連解析、医師・看護師の研究デザインの助言、医療情報システム(クラウド化)の構築、等をご経験。統計解析分野におけるスペシャリストであり、大学病院での非常勤講師や多数の著書もあり、同分野における学会等でのご活躍の場も多い。

転職前の状況

医療を軸とした、事業会社・製薬会社・研究機関・医療法人等、幅広い経験値を持ち合せており、その学術観点と現場経験の両軸を活かせるご機会を模索している状況であった。

当社からのアプローチ

国内を代表する大手SIerである同社は、IT領域におけるBPOサービスを得意としており、製薬業界のお客様もその中の大きなディールの一つである。
深い専門知識と業界特有の経験を必要とする同業界の攻略において、業界経験者の中でも特に著名で卓越した専門領域の知見を持ち合せた方を外部招聘する事は、同社の至上命題でもあった。
学会誌や専門書から同氏を割出し、アプローチ。比較的オープンな状況であった同氏とクライアントとのお引き合わせは難なくクリアされ、初回より両者の意向も見事に一致しており、正に良縁であったと言える。
現在も同社における製薬業界のスペシャリストとして、営業・技術部門と関連部門を横断してご活躍中である。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
営業部長
年 齢
40代半ば 男性
コミット
35歳以下のメンバー中心に業績拡大をしてきたが、さらなる成長を考えた時に、マネジメントと事業戦略立案を経営陣が兼務しているという状況であったため、そのすべてを引き受けるために参画。
  前 職 転職先
業 種 IT・通信・インターネット  IT・通信・インターネット
職 種 営業部長  営業部長

前職におけるまでの経験

一貫してIT業界にて営業職に従事。マーケティング大手企業にて新規・既存のクライアントへの提案とフォローをメンバーのマネジメントをしながら対応。

転職前の状況

仕事内容に不満は無かったが、外資系企業により、日本国内の決裁権が縮小され、直近数年間はなかなか前向きな事業推進ができていなかった。

当社からのアプローチ

過去の別の候補者からのご紹介でのネットワークのお一人。該当候補者をサーチする中で、その方がお心当たりのある今回の方をご紹介いただいた。転職サイトや若年層の転職エージェントではご自身のキャリアにプラスとなるポジションがなかなか出てこないということで、ご友人に相談されていたところに当方に話があったため、お繋ぎ頂いた。優秀な方どうしはご友人間での情報交換が多いため、そのネットワークに入っていけ、順次広げていけるところが当方の強みとなっている。

業種:その他

職 種
社長
年 齢
50代前半
コミット
個人事業主(フリーランス)から地方の冠婚葬祭関連企業の社長
担当コンサルタント
福留 拓人
  前 職 転職先
業 種 個人事業主  地方の冠婚葬祭関連企業
職 種 ビジネス・コンサルタント  社長

前職におけるまでの経験

直近では独立しフリーランスで各種コンサルティングを様々な顧問企業に対して手掛けていた。 その前まで遡れば不動産関係の大手企業での経営企画トップを歴任するなど、40代までに相当のビジネスキャリアを構築していた。  

転職前の状況

フリーランスのコンサルティングは契約本数も安定しており収入面などでの不安はそれ程大きくなかったようであるが、前々職までが大規模・中規模組織でのトップマネジメントに近い立ち位置で手腕を振るっていたためビジネスサイズでの物足りなさは感じていた。 本人としても再び、一定規模を有する企業での中核メンバーとしてのキャリアがあれば是非チャンレジしたいとの意向を持っていた。

当社からのアプローチ

今回の当社クライアントである冠婚葬祭企業は地方に所在し、オーナー企業である。 オーナーは会長に退き、新たに社長を任せられる人材を模索していた。 そのため当社としては、数十億円規模の雇われ経営者が務まりそうな人材を当社のデータベース上から50名ほどピックアップ。 社長ポジションということもありオポチュニティの説明段階で希望者は相当いたものの、オーナーとの人間的相性を重視して厳選し、候補者を5名に絞る。 その5名を順次引き合わせた結果、当該候補者が相思相愛の形で初回面談でほぼ固まる。 社長ポジションという重責ではあるため、その後、数度に渡る会食で相性面のチェック、ビジネスに対してのポリシーの摺合せを万全に行い、候補者のレファレンスチェックを経て、正式オファー。 入社後1年は地方の地域性に馴染むのに苦労もしたが、現在ではすっかり社長として権限・人心掌握も進み、当該企業は上場準備に向けて邁進中である。 

業種:金融

職 種
コンプライアンス
年 齢
30歳前半 男性
コミット
若手のコンプライアンス 即戦力として質量ともに業務遂行が可能経験者
  前 職 転職先
業 種 証券業  日系大手証券会社
職 種 コンプライアンス  本社コンプライアンス

前職におけるまでの経験

証券会社での営業支店での、内部管理業務責任者として、総務や営業コンプライアンスの経験を一から学び蓄積し、その業務内容についても、改善策や対応も含めて高い評価を得ていた。

転職前の状況

自身の今後のキャリアを、長期的に展望した場合じっくりと腰を据えた、突然の異動が頻繁に発生しない金融機関でコンプライアンスについて、より高いレベルでの挑戦を望んでいたため転職の機会を求めていた。

当社からのアプローチ

30代の優秀な金融人材は、1990年後半に発生した日本の金融危機の影響を受けた時代に金融業界に入ってきた世代で、人材層は薄い。とはいえ金融各社とも次代を背負う人材として優秀な人材に対するニーズは格段に高い。当社では日頃から、自身のネットワークや過去の紹介人材からの照会等により優秀な金融人材にコンタクトを重ねてきた。候補者の求める環境や方向性とクライアントが要求する業務実績や人材像がマッチし、スピーディな面談が進み採用が決定した。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
常勤監査役
年 齢
60歳前半 男性
コミット
本格的に上場に向けて活動するために常勤監査役として参画
  前 職 転職先
業 種 IT・通信・インターネット  IT・通信・インターネット
職 種 非常勤監査役  常勤監査役

前職におけるまでの経験

大手メーカーから関連会社の役員、IT上場企業の常勤監査役

転職前の状況

上場後、常勤監査役としての任期が一旦終了し、延長依頼の話が出ているタイミングでした。

当社からのアプローチ

ご本人のお考えとして若い世代を応援したいというお気持ちが強いことを知っていたことと、調査する中で、現職での任期延長の話が出ている最中で、抜けられるとすると今しかないというタイミングでもあったため、初期段階からクライアント役員との面談や会食の場をセットし、なるべく双方が直接お話しをできる環境をつくることを検討。相性が合い、気持ちの面では比較的スムーズに進んだ。しかしながら急な話だったこともあり、各種手続きや条件などの調整が多く発生、調整役として介入させていただき、双方の想いを伝え合うクッションとして、当人同士の利害を上手く調整するこが出来た。

業種:金融

職 種
投信マーケティング
年 齢
30歳前半 男性
コミット
即戦力人材。 販売会社サイドから高い評価を受けている人。
  前 職 転職先
業 種 日系資産運用会社  外資系アセットマネジメント
職 種 投信マーケティング、販売支援  投信マーケティング、販売支援

前職におけるまでの経験

日系運用会社において、投信マーケティング、販売支援業務、セミナー講師など多岐にわたる業務に経験と実績を持つ。特に販売会社となる複数の地銀から絶大なる評価を得ており、強みを持つ。

転職前の状況

海外マーケットにおける運用体制やノウハウ、情報を蓄積している外資系運用会社を希望していた。
また外資系運用会社の成果に応じた報酬体系の中で、結果を追求していくスタイルが自分の価値観によりマッチした働き方と考えステップアップの機会を求めていた。

当社からのアプローチ

潜在候補者サーチのターゲット領域として、アセットマネジメント、投信投資顧問のフロント部門人材のサーチを、当社リサチャーと連動しながら行った。その中で、地銀から高い評価を得ている日系アセットマネジメントでマーケティングやセミナー講師などきめ細かい対応力を持った候補者にコンタクトを行い営業強化案件に取り組んだ。
ご紹介させて頂いた候補者は外資系運用会社の強みである海外運用にさらに知見を深め、かつ実力に応じた報酬体系に挑戦意欲を高めて行動している。現在においても周囲より高い評価を得ている。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
マーケティング部部長
年 齢
50代前半 男性
コミット
業績右肩上がりの中、本格的にマーケティング手法を取り入れることになったため、その仕組みを整備するために参画。
  前 職 転職先
業 種 IT・通信・インターネット  IT・通信・インターネット
職 種 マーケティング・アライアンス部門 役員  マーケティング部 部長

前職におけるまでの経験

一貫してIT業界にて営業、マーケティング、アライアンスを主に担当。常に最先端の技術やサービスを扱う企業にて幹部として実績を上げてきた。

転職前の状況

前職が外資系大手企業で、本国からの日本の商慣習を無視した形での営業活動の大幅な縮小方針により、活動領域を広げたいという思いからキャリアチェンジを検討していた。

当社からのアプローチ

各種サーチの中、クライアントからの相談の前に人材と接点を持つことができていたこともあり、今回はクライアントに対して「ポジション創出提案」と「人材提案」をセットで行った。従来の営業戦略からのアクションで急成長を遂げていたが、今後の成長フェーズを考えると、マーケティング領域の強化は必須と考えられ、先方役員の認識としても社内では対応が難しいという状況でもあったため、当方の提案をご採用戴けた。

業種:機械・メカトロニクス

職 種
次期グループ長(部長級)
年 齢
40代半ば 男性
コミット
大手自動車メーカーの技術主任(課長代理級)から大手日系メーカーの次期グループ長(部長級)
  前 職 転職先
業 種 自動車メーカー  大手機械メーカー
職 種 技術主任(課長代理級)  次期グループ長(部長級)

前職におけるまでの経験

新卒として入社した大手日系家電メーカーでは商品設計から量産までのプロセスを経験。
前職の大手自動車メーカーでは、樹脂に関わるプロジェクトのリーダーをいくつか経験し、量産までのプロセスを経験。樹脂材料の開発経験こそはないけれど、樹脂をどのように加工し、製品化できるかの知識が非常に豊富。

転職前の状況

特に大きな不満はなかったが、15年以上在籍していた前職では、材料が変わるだけで同じようなプロジェクトを数年かけて仕上げる日々で、プロジェクトが必ず成功に終わるとは限らない状況にいた。
ちょうど数年間手掛けていたプロジェクトを大きく変えなければ目標が達成しないという時期に差し掛かり、進め方を変えるには莫大なコストがかかるので、打ち切りにするか否かの決断の時期が迫っていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
弊社のクライアントは、主力製品がトップクラスで有名。しかし、近年は様々な新樹脂の製品の要望が多く、樹脂製品の生産技術能力が高い方で、グループリーダーとなり得る40代後半くらいの方を切望していた。

当社からのアプローチ:
弊社のクライアントが適任としている方の人物像は、該当者が極めて少ないと思われるスペックの方だった。そのスキルを保有している方が存在している業界も少なく、自動車業界在籍の方が最有力とされた。しかし、自動車業界の候補者は、年収も比較的高い上に、自動車そのものが好きなのでその業界にいる方たちが多く、他業界に移りたいと希望する方は案外少ない。
特許情報を調べていたら、A氏を見つけ、返信はないだろうと思いながらコンタクトを試みた。返信を諦めていた2ヶ月後の冬休みの初日に突然返信があり、年明けに一度会う事に。ご本人が現職で多忙だったが、実際に会い、スキル、知識、お人柄の全てがクライアントに合うと確信。クライアントがご本人のお住まいの地域まで出向いてくれた甲斐があり、一度工場見学をさせてほしいと少し興味を持ち始めてくれた。実際に弊社のクライアントに出向き、「ここだったら自分のやりたい事ができそうで、且つお役に立てるかも知れない」と思い、正式に応募を決意。弊社のクライアントはご本人を高く評価してくれ、年収もかなりアップしてのオファーを提示、ご本人も納得し快諾。
入社し、試用期間が終了したと同時にグループ長に昇進し、現在はプロジェクトのマネジメントをやりながら部下のマネジメントで充実した日々を送っている。
弊社のクライアントも希望以上の方の採用ができ、大変喜ばれている。

業種:医薬・医療関係

職 種
人事部長
年 齢
40代半ば 女性
コミット
大手外資系製薬メーカーの事業部人事担当(HR Generalist)から大手日系メーカーのメディカル事業部の人事部長へ
  前 職 転職先
業 種 外資系製薬メーカー  日系メーカーのメディカル事業部
職 種 事業部人事担当(HR Generalist)  メディカル事業部 人事部長

前職におけるまでの経験

学生時代は理系で、新卒として入社した日系企業では、薬品の研究職に就いた。
その後、人事部門に異動し、外資系製薬メーカーの事業部人事(HR Generalist)に転職した。”日系らしい”外資系から”外資系らしい”外資系に変わる改革のプロセスを経験。

転職前の状況

今までは好調だったが、外資系製薬メーカーの統廃合、また特許切れによる将来の不安、年齢的に部下を持った事がなかったので次のポジションを探すのが困難になってくる等の想いがあった。
複数社からのアプローチもあったが、どれも現職と似ていて、部下なしの部門の人事担当。年収が上がるポジションもあったが、果たして年収を取るべきか、先のキャリアを取るべきかで悩んでいた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
大手日系メーカーとは言え、本社が外国にあり国内だけでは今後は業績が伸びないと見込み、海外でも戦える組織にしたい、スピーディーに改革をしてくれる人事部長を希望していた。また、組織の人員構成を考え、できれば女性を優先したいとの事。

当社からのアプローチ:
業界は問わない…と最初は言われたが、即戦力を考えると最優先が同業の外資系医療機器メーカー、もしくは近い外資系製薬メーカーの人事部門の女性を調査。
業界内で直近で唯一転職をしていなかったA氏に連絡を取ったところ、部下のマネジメントの経験がなかったが、部下を育てられるようなポジションであれば、検討したいとの回答を得た。会ってみたところ、人事のプロとしての意識が高く、且つ部下を育てられるようなお人柄の方だった。
先方と引き合わせたところ、非常に気に入って頂き、企業としての目標も達成できそうなので内定を出し、またご本人が希望していた部下のマネジメントもできるポジションだったという事で、内定を快諾。
現在は急務となっている事業部内の様々なプロジェクトに人事部長として参画し、活躍中。

業種:電気・電子・半導体

職 種
次期研究開発本部長
年 齢
50代半ば 男性
コミット
半導体業界失速をきっかけにキャリアを模索 難しい条件の中堅日系半導体検査装置メーカーの次期研究開発本部長へ
  前 職 転職先
業 種 半導体メーカー  半導体検査装置メーカー
職 種 製品開発及びマーケティング  次期研究開発本部長

前職におけるまでの経験

国内のトップ校の工学部を卒業し、大手日系総合電気メーカーで半導体関連に事業に長年携わっていた。会社派遣で海外留学にも抜擢され、米国の名門大学の電気工学の修士号を取得。大学院修了後は、米国の関連会社でマーケティングの経験を積み、帰国。
その後は、総合電気メーカーから半導体関連の関連会社に転籍し、様々な商品開発やマーケティングに従事し、順調に部長に昇格。

転職前の状況

国内の半導体業界の失速により、セカンドキャリアを模索し始めていたが、年齢的な事もあり、容易に次のポジションが見つかるか否かの不安を持っていた。複数社からのアプローチもあったが、管理職のポジションではなかったものも含まれていたので、あまり興味を持てていなかった。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
半導体の業界が分かり、且つ二次電池の研究チームがリードできそうな”次期研究開発本部長”候補者を探していた。経験、知識、スキル、人格が揃っている方の採用を強く希望。

当社からのアプローチ:
半導体+二次電池の経験者は極めて少なく、難関なサーチ依頼だったが、過去の文献や特許を調査していたところ、早い段階でA氏を見つける事ができた。連絡先を調べ、ご本人と接触したところ、先ずお会い頂ける旨快諾を得た。
ポジションを説明したところ、入社時の年収は多少下がるが、近い将来に昇格し、年収アップも期待できるとの事で前向きに検討し始めた。その直後、弊社のクライアントの電池ビジネスもメディアにちょうど大きく取り上げられ、ご本人の強い関心を得る事ができ、応募を決意。クライアントは、ご本人の高い知識や経験、人柄に魅かれ、数回お会いしていく中で採用が決定。これ程レベルの高い方が見つかるとは想像もしていなかった様子で、非常に喜ばれた。
A氏からも自分のバックグラウンドが活かせ、更に新たな開発に携わる事ができると思っていなかったと感謝されている。現在は昇進され、執行役員 研究開発本部長として活躍中。

業種:消費財

職 種
執行役員
年 齢
50代前半 男性
コミット
日系大手グローバル食品会社の海外現地法人社長から老舗大手日系食品会社の海外事業担当執行役員へ
  前 職 転職先
業 種 食品会社  食品会社
職 種 現地法人社長  執行役員

前職におけるまでの経験

グローバル展開している日系大手食品会社にて、アジア・欧州を中心とした海外事業で実績をあげてきたA氏。海外での仕事を志向していたことから、20代は社費での外国大学院への進学対象者に選ばれるなど、将来の幹部として期待をされていた。直近では、欧州の現地法人社長を勤め、全社でトップ3に入る実績をあげていた。

転職前の状況

充実していたが、50歳を過ぎた頃から、A氏が得意をする商品を本業としている会社で、生涯現役で活躍したい。という思いが強くなり、役職定年などのない企業への転身も考えてはいたが、実際は転職しようとは思っていなかった。
複数のヘッドハンティング会社からはアプローチされていたが、A氏の強みと将来の展望に合った提案がなかったので、お断りをしていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
海外事業の拡大が重要事項であったが、担当部署である海外事業部には、金融・商社出身の優秀な人材はいたが、全世界を対象にした海外戦略を立てることのできる人材(食品業界出身、海外経験豊富、マーケティング知識があり、M&A対応)がいなかった。
当初は、おつきあいのある商社から候補者を紹介してもらい会ってみたが、会社の最重要計画を確実に遂行できると思える人材に出会えなかった。
同業他社からの招聘が見込まれることもあり、労働市場には滅多に出てこない人材のため、実績のあった弊社にお声をかけていただいた。執行役員レベルを想定。

当社からのアプローチ:
海外事業のエキスパートで、クライアントのコア商品にも精通していることがベストな人材だが、範囲を広げて、食品業界のエグゼクティブクラスで海外事業経験者20名程度をサーチした。
弊社の面談評価の結果、格段にレベルが高いA氏1名に絞ってご推薦。
A氏の居住地である欧州にて弊社が代理面接し、人物評価結果などご報告し、A氏に決定した。A氏に対しては、ミッション、役割などを効率的に丁寧に説明したことで信頼いただき、海外居住者にもかかわらず、短期間で採用が決定した。
理想的な人材の採用が短期間で達成できたことが一番の効果だが、A氏から、自分を探し出してくれたこと、的確で誠実な対応をしてくれたこと、を感謝され、弊社でなければ転職を決意しなかったであろうとコメントをいただいた。

業種:消費財

職 種
取締役
年 齢
40代半ば 男性
コミット
世界最大手外資系食品会社の部門副社長から老舗大手日系食品会社のマーケティング担当取締役へ
  前 職 転職先
業 種 食品会社  食品会社
職 種 部門副社長  取締役

前職におけるまでの経験

新卒で入社した超大手外資系食品会社にて、マーケティング一筋で実績をあげてきたA氏。本国との人間関係も良く、顕著な実績を常にあげてきたことから、日本人としては最高位のポジションで看板商品マーケティング全般を統括していてメディアにも露出し、将来も嘱望されていた。

転職前の状況

タフな仕事内容に見合う高年収も得ていたが、外資系特有の長期間現役で活躍できる可能性が見えにくいことから、日系の会社への転職を視野に入れていた。
複数の外資系ヘッドハンティング会社からはアプローチされていたが、紹介案件が外資系企業だったので、興味を持てなかった。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
誰でもが知っている知名度の高い商品(ブランド)を持つ日系食品会社であるだけに、新商品開発が小粒になっており、ヒット商品が生み出せない状況が続いていた。
3代目の社長の危機感により、マーケティング部門に新風を吹き込み、新鮮な視点から企画立案できる人材を迎えることが急務という英断をされ、初めてのヘッドハンティングによる採用を決定。執行役員レベルを想定。

当社からのアプローチ:
食品領域のマーケティングに精通し、重責ある立場を担える人格を持ち、オーナー社長とのケミストリーが合う人材を紹介する必要があるため、日系企業・外資系企業・地方企業の大手・中堅食品会社から商品開発責任者クラスの方40名程度をサーチした。
弊社の事前面談評価で5名に絞り、クライアントに対して、レジュメだけではわからない候補者の人物像を説明。
候補者全員との面接を実施したうえで、弊社は、A氏が最有力候補と考えていたが、待遇面でかなりの開きがあることから、他の候補者との面接を進めていくことで候補者のレベルを把握することに。その方法を提案することでA氏の価値を再認識できた。結果、初回面談で両者の思いがほぼ合致する。
待遇面については、クライアントの精一杯の誠意をA氏に弊社が伝えることにより、前職給与が非常に高額であったことからダウン提示ではあったものの、金銭面のみならず総合判断でA氏は快諾。
現在は、社長のみならず、他の役員陣からの信頼も得て取締役として活躍中。
A氏からも、弊社からのクライアント情報が的確だったので、入社後のギャップがなかったと感謝されている。

業種:不動産・建築

職 種
設計監理部長
年 齢
50代前半 男性
コミット
大手ゼネコンでの電気設備設計設計者を経て、建設コンサルティング会社の設計監理部長へ
  前 職 転職先
業 種 大手ゼネコン  建設コンサルティング会社
職 種 建築エンジニアリング部チーム  設計監理部長

前職におけるまでの経験

A氏は大学での電気工学を専攻。
大手ゼネコンの設備設計職としてキャリアをスタート。

転職前の状況

優秀なエンジニアであるA氏は同社でも一握りのエンジニアしか携わることのできない特殊建築物のプロジェクトに参画。学会等で多数の受賞歴もあり、業界を代表するエンジニアでもある為、同社の中でも厚遇されていた。
しかし、経験を積む毎に大手ゼネコンの1エンジニアではなく、より上流の立場でプロジェクトに参画したいとの思いが芽生え始めていた。

当社からのアプローチ

某建設コンサルティング会社様より電気設備設計部門の統括責任者を担える方のサーチをご用命いただいている中、学会等の受賞歴や業界紙等からA氏の存在を知り業界のキーパーソン経由でA氏に接触。
決裁権限者であるB社の社長自ら面談・会食にご参加いただき同社の事業や今後の展望、お任せしたい業務などをA氏へ説明。
その熱意が通じたこともあり、年収面でも現職給与の35%アップで提示し、A氏の招聘に成功した。
B社人事部門の迅速なアクション及び社長の熱意がA氏をスピーディーに獲得できた要因と言える。

業種:機械・メカトロニクス

職 種
品質保証
年 齢
40代前半 男性
コミット
外資系自動車部品会社の開発設計職から日系独立系自動車部品会社の品質保証マネージャー候補へ
  前 職 転職先
業 種 自動車部品メーカー  自動車部品メーカー
職 種 開発設計担当  品質保証マネージャー候補

前職におけるまでの経験

中堅自動車部品メーカーの研究開発部でランプの開発・品質評価を担当。開発した製品が量産車に多数採用されるなどの実績をあげていた。

転職前の状況

海外の資本が入ってきて、新卒入社のころの社風、仕事のやり方が変わってきたことで、ものづくりをしっかりできる会社で活躍したいと思うようになり、転職を考えていた。

当社からのアプローチ

クライアントのニーズ:
海外製造拠点の拡大に伴い、品質保証機能の強化が急務であった。
一般的な知名度が高い会社ではないので、母集団の形成にも苦労されていて、長期間かけても採用が適わなかった。
執行役員の決断により、初めてのヘッドハンティングを活用することになった。
合わせて、独立系の自動車部品会社のため、自動車メーカーとのつながりが強くない企業からの転職を希望していた。課長クラスを想定。

当社からのアプローチ:
自動車部品会社の職歴があり、海外勤務、品質保証業務を担当できる候補者をサーチし50名を候補者として提示。その中から、弊社が推薦したA氏は、品質保証の業務経験はないが、県下で有数の進学校出身で、大学で電気系統の知識もあり、ものづくりの考え方がクライアントに一番フィットしていたため。
技術的なことはバッググランドがあれば適応可能と判断し、メーカーでは社風や考え方が合っていることがとても重要であることをお伝えしながら推薦し、ご理解いただいた。
その結果、1年近く採用できなかったポジションを4ヶ月で決定。
A氏は、国内および海外の製造拠点を飛び回り、活躍している。

業種:IT・通信・インターネット

職 種
取締役
年 齢
30歳前半男性
コミット
インターネット系ベンチャー企業に同業大手から転職
担当コンサルタント
福留 拓人
  前 職 転職先
業 種 大手インターネット広告代理店  ベンチャー系インターネット広告関連企業
職 種 営業部長  取締役

前職におけるまでの経験

新卒から広告代理店、インターネット専業広告代理店と歩み、同業界の早い成長と比例し早いキャリアップを果たしていた。
30代前半で数十名のマネジメントも経験。

転職前の状況

大手インターネット広告代理店の営業部長として活躍。待遇などに不満は無かったが会社が大きくなり、保守的な風潮に変わり始めていたことから、規模に拘らず、成長意欲旺盛な企業との出会いを求めていた。

当社からのアプローチ

転職先となった企業は少数ながら大きな利益を計上しており、成長著しい状況であった。
スキルもさることながら小規模の組織でもあるため、社長(創業者)とのケミストリーが第一であると当社は判断。人間的相性を重視し4名を引き合わせ。ケミストリーが合ったのか、1度目の面談で意気投合し、その後、複数回の会食を経て決定。
入社時は取締役スタートであったが、入社後3ヶ月には大きな実績や人間性が高く評価され取締役社長に就任。(創業者は会長に)分業体制で現場のマネジメントを指揮し活躍中である。

業種:消費財

職 種
社長
年 齢
40歳前半男性
コミット
ファンド系の再生案件 サーチ難易度が高い再生社長
担当コンサルタント
福留 拓人
  前 職 転職先
業 種 某外資系飲料メーカー副社長  某地方食品メーカー社長
職 種 副社長  社長

前職におけるまでの経験

新卒から一貫して消費財メーカーでのキャリアを歩む。マーケティング、事業企画、営業とバランス良く経験し、特にMBA取得後の2社でトップに近いマネジメント経験を積む。

転職前の状況

傾きかけた事業の再生を副社長として手がけたことから同業界で名声が高まる。
本人は再生に一役買ったことから次のオポチュニティを探していた。

当社からのアプローチ

累積損失を抱え、さらに後継者問題に悩まされていた地方の同社はファンドを介して事業を売却し再生を図っていた。日本に再生社長として手腕を発揮できるプロ型経営者は若手では少なく、サーチした人選でも50~60代が大半であった。40代と若い当該候補者は当初から有力候補者として呼び声高かった。前職の外資系と比較すると待遇面は劣っていたが、チャレンジングな環境に魅力を感じ、同氏は最終的に受諾。4年で累損を一掃し、現在も社長として活躍中。

業種:機械・メカトロニクス

職 種
開発部長
年 齢
30代後半 男性
コミット
大手メーカーでの研究開発経験を経て、地方の優良メーカーの研究開発部長へ
担当コンサルタント
福留 拓人
  前 職 転職先
業 種 大手製造メーカー  地方優良メーカー
職 種 開発マネージャ  開発部長

前職におけるまでの経験

A氏は名門の国立大学の学士・修士・博士と学び、原子力工学を専攻してきた。しかし途中で光学系領域に強い関心を持ち、卒業後は光学系の技術をメインにレーザー系エンジニアとして活躍。

転職前の状況

優秀なエンジニアであるA氏は会社でも十分に評価され、また希少なレーザー系技術を持つということもあり厚遇されていた。しかし会社の事業部売却に伴う組織変更で担当していた開発領域が縮小し、新たなフィールドがあれば・・・と少しずつ考えるに至った

当社からのアプローチ

開発実績が秀逸であり、学問的功績もあったA氏には、大学関係者の情報提供により存在が分かった。在籍企業の事業売却の組織変更の状況も把握していた当社は、その大学関係者の仲介をベースにA氏に接触。
ちょうど半年に渡り特殊な光学系人材を探していた地方の優良メーカーB社のサーチ案件があった。偶然にもB社のニーズはA氏の持つ専門性にあった。替え難い人材であると認識一致したB社と当社は、A氏にスカウトを実施。
決裁権限者であるB社の社長自ら面談には「出陣」し、A氏にアプローチを行った。
その熱意が通じたこともあり、年収面でも現職給与に25%のプレミアを付与し、またA氏の希望する研究開発領域に専門部門を新設することもオファーレターに盛り込み、A氏の招聘に成功した。
迅速なB社のアクション、社長の熱意が激しい争奪戦に展開しても過言ではないA氏の獲得に成功したと言える。

業種:その他

職 種
専務理事
年 齢
60歳前半 男性
コミット
米国での同業でのトップ経験をベースに日本の会計系の社団法人トップに就任
  前 職 転職先
業 種 世界的な公認会計士事務所  日本の会計系社団法人トップ
職 種 パートナー  専務理事

前職におけるまでの経験

世界的な公認会計士事務所のパートナーでアメリカで20年実務を経験
日本の公認会計士の資格を保有。

転職前の状況

アメリカのニューヨークで世界的公認会計会社のパートナーとして活躍中。一時帰国した折にテスコから接触。長期的なお付き合いを前提にコンタクトしていた。

当社からのアプローチ

この方以上の適任者は想定できず、上述のコンタクト歴をベースに一本釣り。
ご本人の帰国意向も幸いしてか、トントン拍子で話が決着する。
現在では着任4年目を迎えて世界の会計基準(IFRS)の導入の一線で活躍

業種:その他

職 種
部長
年 齢
50代 男性
コミット
新興エアライン設立に伴い運行部長の採用ニーズ ターゲットはピンポイントでリーディングエアラインの整備・運行系人材より
担当コンサルタント
福留 拓人
  前 職 転職先
業 種 リーディングエアライン  新興エアライン
職 種 運航・整備  運航部部長

前職におけるまでの経験

国立大学・大学院で通信工学を学び、No.1の航空会社で通信系統、航法系統、自動操縦系統のシステムを担当、新機種導入時には運航規定、航空機運用規定、飛行規定等のマニュアルを作成。

転職前の状況

シアトルへ赴任、航空機開発に参画し、コックピットの設計を担当。運航技術部 業務グループ課長として部内の人事・予算及び規定類の発行管理業務を担当。

当社からのアプローチ

A氏にアプローチした頃は10人にスカウトをかけても1人返事があれば良いほうだった。手始めに入手した名簿より400人へ社員全員手分けをして一斉に電話をかける。ターゲット企業には「TESCOから電話があったら繋ぐな!」という御布令がでたほど。
A氏はどうしてもクライアントとしては欲しい人物、アメリカに赴任されていたこともあってヘッドハンターに抵抗感がなかったことも一助となったが、ファーストコンタクトから難航の末面談成立、引き抜きに成功。
エピローグ:クライアント(新興エアライン)へ複数ご紹介した弊社へ「TESCOさんの働きがなければうちの飛行機は飛ばなかったよ。」と言われ感謝された。

業種:環境・エネルギー

職 種
社長
年 齢
60歳前半男性
コミット
日本とアメリカを股にかけるグローバルエグゼクティブが世界最大級の資源会社の社長に就任
  前 職 転職先
業 種 自ら会社を経営  世界最大級の資源会社の日本法人 社長
職 種 オーナー  社長

前職におけるまでの経験

自ら会社を持ち且つ多くの有力企業の顧問であり、且つ以前は世界的資源会社のアジアのトップでもあった

転職前の状況

超多忙で多くの企業の顧問として活躍。自ら会社を経営されており、転職意向などは皆無の状態。

当社からのアプローチ

この方以上の適任者は想定できず、粘り強く交渉・説得を試みた。
最終的には6ヶ月間説得を続けて、受理戴いた。
3年間代表を歴任し、現在では以前のように様々な企業の顧問とコンサルタントに携わる