転職希望者 採用応募 企業担当者様 お問合わせ
  • 転職希望者採用応募
  • 企業担当者様お問い合わせ

社長コラム一覧COLUMN

  • 第58回

    今回は、前回のコラム「動くのが億劫な“ゆでがえる”になるな」をお読みいただいたという前提で書かせていただきます。私は現在、個人が副業を持つことを積極的におすすめしています。副業にはキャリア形成上のメリットがあるとか、本業以外の余暇で自己を充実させるとか、純粋に金銭的なプラスを得るとか、いろいろな目的があります。副業の価値観は人それぞれですので、あえて論評することはありません。私が副業を推奨するの…

    2021.11.23
  • 第57回

    2021年9月、日経平均株価が3万円を超えました。9月の半期決算を眺めてみると堅調な会社が多いことがわかります。しかし人々の日常生活、特に賃金と主要企業の業績がリンクしない傾向は続いています。企業の好業績や株価の高騰を不思議な気持ちで眺めている方が多いはず。実感が湧かないというところでしょう。


    新型コロナウイルス感染症の流行がはじまってから1年半が経過しました。10月1日には各地の緊急事…

    2021.11.12
  • 第56回

    ある著名な経営者が経済団体のセミナーで「45歳定年制」に触れ、大きな話題になりました。どのような趣旨で出た話かわかりませんが、おそらく観測衛星を打ち上げたのだろうと思います。終身雇用という概念は過去のものになりましたが、定年制という言葉はよく耳にします。年金支給年齢の引き上げが、この10年ほどホットな話題になっていて、それにリンクしているからでしょう。70歳まで働きましょうという啓蒙が政府からなされ…

    2021.11.02
  • 第55回

    東京エグゼクティブ・サーチは、ヘッドハンティングの現場で大企業の社長交代という案件を扱うことがあります。社会的によく知られた経営者に接触を試みることも日常茶飯事です。いわゆるビッグネームの人物は名前が知れ渡っているので、調査、探索、接触は容易です。むしろサーチで難しいのは市場に露出していない「知る人ぞ知る」人物を探すこと。ビッグネームは会社に電話を掛けると秘書が出て、どこそこでお目にかかったな…

    2021.10.11
  • 第54回

    ヘッドハンティングの現場において欠かせないツールのひとつが手紙ですが、最近はメールが普及して便利になりました。メールの最大のメリットは、送る側も受け取る側も基本的に気軽だということです。メールを受信しても興味がなければ削除すれば済みます。送り手はその気になれば短時間で多くの人に送信できるので、デジタルな方向に流れてしまうのも致し方ないかもしれません。しかし、純度の高い原理原則が生きているヘッド…

    2021.09.29
  • 第53回

    新型コロナウイルス感染症の拡大で海外はおろか国内の移動さえ自由になりません。しかし意外にもこの夏は海外から「日本の“モノづくり”技術者を迎え入れたい」という引き合いが増えました。在宅勤務やリモートワークといった守りの戦略を強いられている外資系企業が、ビザ、住居、インフラ、高い報酬などを用意し、他国に居住している人を迎え入れるには大掛かりな準備が必要です。そうした採用の決断は部門の一存で出来ること…

    2021.09.18
  • 第52回

    新型コロナウイルス感染症はまだまだ収束の気配を見せません。今回はこのような状況下で求職者の立場から見る「ウィズコロナの転職ポイント」についてお話ししたいと思います。この種の話題は、この1年間、いろいろなメディアで報じられているので、あまり巷に出ていない観点を取り上げたいと思います。
    最近、私たちが転職候補者の方々に接触して感じるのは、やや保守的になっている方が多いということです。いま活発に…

    2021.08.19
  • 第51回

    前回の続きですが、優秀なAさんを他社との獲得合戦で採用できる可能性が高くないと気づいたとき、企業はどう対処したらよいのでしょう。優秀な人材の採用をめざす企業が、私たちTESCOのようなサーチ会社に求めるものは、次のような考え方に基づくアクションです。Aさんの同僚で一切SNSなどの登録を拒んでいる人だけを発掘してきて、数十人リストアップし、他社がつばをつけない人材と独占的に交渉権を得られないものか、…

    2021.08.15
  • 第50回

    新型コロナウイルス感染症の流行が1年半ほど続いています。世の中のありさまは言うに及ばず大きく変化してしまいました。私たちの採用市場でも、この半年くらいは大きな変化が見受けられるようになりました。それは以前から指摘してきたように「二極化」が進んだということです。実は人材市場の現状は意外なことに好景気になっています。すなわち人材を求める会社からの引き合いが増加し、採用件数も、単価も、上昇傾向にある…

    2021.08.11
  • 第49回

    東京エグゼクティブ・サーチ株式会社は、その名のとおり経営者、役員、研究者などエグゼクティブの人材紹介に取り組んでいる会社です。業務上、これまでいろいろなトラブルに巻き込まれたことがあります。その経験も読者のみなさまの参考になるかと思い、特に印象的だったトラブルをいくつかピックアップしてご紹介いたします。
    東京エグゼクティブ・サーチは、BtoB(対企業)とBtoC(対候補者)の両方の立場で人材紹介…

    2021.07.07
  • 第48回

    この数か月、私は地方にある顧客基盤の訪問活動に取り組んでいます。もともと親しくお付き合いをいただいている経営者や幹部社員と久しぶりにお話しすると、東京では見えない地方の実情がいろいろ見えてくるような気がしました。弊社にとって地方創生は大きなテーマですが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、しばらく地方訪問を控えざるを得ませんでした。最近になってようやく心置きなく動くことができるようになり、先…

    2021.05.13
  • 第47回

    私はこのところ東京エグゼクティブ・サーチのクライアントをはじめ、多くの企業を訪問して経営陣とお話をしていますが「厳しい状況を肌で感じている」という声が日に日に高まっているように思います。最近の報道でも見かけますように、コロナ禍で特需を得ている一部の企業、もしくは厳しい状況下でも増収増益を果たしている企業がある一方で、これから本格化する上場企業の決算は少なからず厳しいものになりそうです。また未上…

    2021.04.07