転職希望者 採用応募 企業担当者様 お問合わせ
  • 転職希望者採用応募
  • 企業担当者様お問い合わせ

渡邊 功ISAO WATANABE

電気電子・精密・半導体

役 職
経営・管理職
年 齢
50代男性
コミット
電子部品製造業から国内外で取引のある大手産業機械製造業へ
担当コンサルタント 渡邊 功
  前 職 転職先
業 種 電子部品製造業  産業機械組立製造業
役 職 事業統括部長兼営業部長  開発系執行役員

前職におけるまでの経験

ロボットの設計開発や開発設計装置の設計、搬送用ロボット事業の営業部長など3社でそれぞれのスキルを積み上げ、前職では営業部長と兼任で統括部長を経験。設計・開発・営業・事業統括と仕事の幅を広げてきた。特に前職の電子部品製造業での導体装置用ロボット設計開発では、約六十億事業の責任者として営業・開発をリードしながら、マーケティング・戦略・予算計画・開発実行、開発・品証、品質管理・製造の改善を行うクロスファンクショナルチームを立ち上げるなど、精力的に活躍。事業を統括しながら国内外の大手顧客を新規で開拓するなど、目覚ましい成績を収めていた。

転職前の状況

前職では約六十億の事業で統括部長・営業部長を兼任し、マーケティングから戦略策定、開発・製造・営業にいたるまで幅広く統括していた。
しかし、担当事業以外の業績悪化で会社の方針として部門の縮小・人員削減が決定。候補者には開発だけでなく、営業の管轄経験を生かした製品マーケティングにも挑戦したいという思いがあったが、この人員削減で叶わなくなったため、これまでの経験を活かせる企業への転職を検討した。

当社からのアプローチ

クライアントは日本国内はもちろん、アジア・欧米など海外市場の取り込みにも注力する、成長中の企業。コロナ禍にも関わらず、前年同期(2020年9月期時点)比較で増収増益という安定的な業績を上げながら自社開発製品を計画するなど、チャレンジングな姿勢を失わない企業特徴を持っていた。

同社は海外からの受託開発も行っていたものの、中核製品となる自社開発製品づくりを計画していた。自社開発製品で成功を収めるには、設計・開発・マーケティング等をすべて自社で行う必要がある。しかし、社内に該当する人材がおらず、なかなか計画を進められずにいた。自社開発製品の計画を前に進めるため、設計・開発・マーケティングというそれぞれの能力と幅広い統括経験の両方を豊富に有する人材を探したいと弊社に相談をいただいた。

当方のアプローチとしては、候補者の前職とクライアントの仕事領域が似ていること、設計・開発・マーケティングだけでなく、営業の経験も豊富にあり、新規開拓まで行った実績があることなどから、クライアントが求める能力を持っている可能性が高いと仮説を立て、候補者とコンタクトを取った。候補者は地方在住であったため、すり合わせで何度も往復をしてもらいながら、さまざまな条件を1つ1つ解決できるよう取り組んだ。また、転勤を伴う転職のため、クライアントに支度金や待遇面での調整を行ってもらえるよう取り計らった。

候補者はクライアントが行いたいと考える自社開発製品と似た領域で事業統括部長・営業部長の経験があったため、理想的であった。また、クライアントが会社として目指している方向性と、候補者が転職先で行いたいことが合致した。この状況を双方に共有してから面接を行ったところ、当社が提案した支度金や待遇面での調整も十分に配慮したオファー提示があり、早期の合意が成立した。

年収も期待値を反映し2割以上の増加と、候補者が要望していた水準を大きく超え、同社参加へのモチベーションに強く寄与した。
また、ポジションは前職の事業統括部長・営業部長兼任という役職から、開発系執行役員へとキャリアアップ。入社前の時点で取締役にも推挙してもらうなどクライアント企業から非常に評価が高く、候補者自身のさらなる成長と自社開発製品の成功、事業の牽引を期待されている。

IT・通信

役 職
ゲームプランナー
年 齢
20代
コミット
中小ゲーム企業ゲームプランナーから大手ゲーム企業ゲームプランナーへ
担当コンサルタント 渡邊 功
  前 職 転職先
業 種 中小ゲーム企業  大手ゲーム企業
役 職 ゲームプランナー  ゲームプランナー

前職におけるまでの経験

大学卒業後、前職の中小ゲーム企業に入社。プロジェクトマネージャーとして開発チームの管理等に従事した後、自ら希望を出し、ゲームプランナーへ。同社中核タイトルのゲームプランナーとして活躍後、新規タイトルの企画や設計等を担当していた。

転職前の状況

携わっていた新規プロジェクトが急遽開発途中で休止したことで、同社で開発することに対する限界と虚無感を味わい、ご自身の働き方を見つめなおそうとしていた。

当社からのアプローチ

海外でも認知度が高い、ゲーム業界を牽引して来たクライアントの大手ゲーム企業。
ゲームという閉鎖的な業界の中で、同社クラスの企業が人材を探していることが公になると、様々な弊害が予想されたため、水面下でのサーチが求められた。
秘密裏に事を運ぶため、ターゲット層も有名なゲームタイトルに携わったことのある限られた人材に絞られた。
一つの企業に複数名のターゲットが重なることもあり、時間をかけた慎重なアプローチを実施。
数週間前にアプローチをしたA氏より返信があり、ご面談を実施。当初ヘッドハンティングに対して疑心暗鬼だったが、当該案件の詳細を説明し、話を進めていく中で、弊社活動内容にも理解を示していただけた。元々同社ゲームのファンだったこともあり、オファーを快諾。
初めてのご転職だったが、ご本人の素直さ、やる気等お人柄が周囲にも認められ、新しい環境にも早く馴染み、活躍されている。